ノボセモン です。

8月16日。


テレビは ほとんど録画しておいて観る クセがついてしまった。

なんでかな?    

「ちょっとストップ!」が きかないのが時の流れだ といやというほど

味わっている今日この頃なのに・・・

それで困ることがちょくちょくおこる。

画面に流れる緊急のお知らせ 地震情報やら、大雨警報やら 重大なニュース

これも テロップっていうんだっけ?

それが出て 一瞬ドキリ とするときがあるのだ。

過去の出来事を再確認?できて いいような 悪いような?


でも今日の≪クラシック倶楽部≫は 録音のアリガタサを 痛感した。

初めはいつものごとく BGM風 に流して ごそごそしたり 食べたり?

パソコンに向かったり していたのだが

うん!? と耳が。

ヴァイオリンの響きが 胸をつかむ といった感じで・・・

誰?と 飛び出すように テレビの前に立つた。

  マキシム・ヴェンゲーロフ  って?・?・!

(実はこれも一度ならず何回も巻き戻して やっと書き留めた名前ですゾ)

そして ピアノの これまた超?個性的な弾き方の ヴァグ・パピアン!

いやいや~ 凄いなって そのまま座り込んで 2度聴きました・・・

5歳から 天才バイオリニストと言われた ロシア生まれの彼のことは  

何にも知らなかった。

もちろん 2007年に 肩を痛めてもう引退だといわれてしまっていたことも。


でも 今年の6月12日。サントリーホールでの≪ヴァイオリン・リサイタル≫の

ステージ だったのだから 

もう 素晴らしい復活 だといってもいいのだろう。

b0197031_2094262.jpg


b0197031_20103181.jpg


フランク曲 の  ヴァイオリン・ソナタ  ああナマで聴きたかった!

アンコールの ≪フォーレの夢のあとに≫と【ブラームスの ハンガリー舞曲5番】

ん もう サイコウ。 素晴らしい すてき だいすき!

兎に角拍手が ものすごかったのが ナットクであった。


今日はもうすっかり のぼせてしまったが いまだに宙で名前が言えないカナシサ! 

嗚呼!なのだ。

[PR]
by reiko6666 | 2013-08-16 20:20

日々の想いを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31