<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初旅かも?

1月21日。
 

いやいや~たった今 私のメールが読み上げられ ちょっとドキッ。

そしてかけられた曲が ジョプリンの ストレニュアス・ライフ。

初めて聞いた曲だけど、楽しい曲で嬉しかったなぁ・・・

「OTTAVA」の 事だ。 (クラシック音楽愛好者の集いみたいなものかな?)

この、ネットラジオのことをUさんから教えていただいたのはかなり昔のこと。

古いお付き合いだけど、≪ただ聴いてるだけ≫ の人で今まで過ごしてきた。。


でも

    つながる心 つながる力
 みんなでつくる復興コンサート 2013   


の企画が放送され始め、リスナーの意見続出で、プログラムが少しずつ出来上がっていくのを

聴いているうちに、どんどん気持ちが揺れ始めて いつの間にか「行こう!」になっていた。

決め手は ゲストに 宮城三女OG合唱団が アヴェヴェルムコルプス と

仙台フィルと フィンランディア(合唱付き)を歌うと聞いて もう行くっきゃないな! だった。

おりしも、チケットが発売され始め いい席から埋まっていくというので

今日 決断した。

会場は東北・仙台だ。  【東京エレクトロンホール宮城】 

開催日は3月9日。 

私は行ったことがないが 「杜の都」になんとなく憧れっぽい気持ちはあった。

コーラス仲間のKさんのお孫さんが仙台の大学に昨春入学されたし、二人旅もいいかな?と

前々からちょっと打診していたのだが、彼女も OK!

歩きにくい雪道を二人してJTBに行き 航空券とホテルの予約をしてきた。

さてコンサート・チケットをパソコンから、購入する段になって 何度もミスって 

んもう!と ドキ・イラッ であった。 (年は取りたくないもんだ)

でも無事にゲット。

その気分をそのまま投稿したのだけど なんと 今夜最後の曲としてとりあげられ、

ディレクターの斉藤さんが すんごく感激し力づけられた と言ってくださった。

ぜひ会場で声をかけてくださいと言われて ≪うふふ 、やったぜ!≫って感じ。

年齢を言ったので余計「お元気ですねぇお待ちしています」 といわれたのかも。

ラジオネームが思いつかなかったので、とりあえず、北国の姥としておいた。


私の投稿メールを 恥ずかしげもなく ここに載せよう、

いかに嬉しがっているかご想像あれ! ああ楽しみだな・・・



斉藤さん、皆様 こんばんわ。 

おっと こちらでは「コンブリワ」といったほうがいいのかしら?

北国の姥 です。 

(79歳ですがこれはいわないでね)いや≪言ったほうがいいかも?≫と迷っています。


たった今、3月のコンサートのチケットをゲットできました。
外は寒いのに、頬はぽっぽして 冷や汗だくだくです。

カード決済がうまくできなくって、セブンでの受け取りの方法にチェンジ、
やっと確認メールが来て落ち着きました。

そこで、 つい 浮かれて?初メールした次第です。

こんな時の気分にぴったりの わくわくと、ほっとした  明るい曲をお願いします。


JTBにも行って航空券とホテルのパックも予約してきました。

1歳年下の若姥 (こんなことば アリでしょうか?)と二人して
札幌から参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by reiko6666 | 2013-01-21 22:59

久しぶりの映画。

1月19日。

明日は「大寒」。

もうこれ以上寒くなっても我慢できるワイ・・・とおもう。

今年になってからまだ、マイナスのつかない気温の日はない。


METをうっかりしていて、≪仮面舞踏会≫は見逃してしまった。

次の≪アイーダ≫は10時からなので ちょっと間に合わないし、うん?きょう封切だって?

よっしゃこれにしよう!!と 朝風呂の後映画館へ赴く。

地下歩道を歩くこともかねて お出かけの日。


山田洋次監督の【東京家族】だ。12時10分からの分にピッタシだった。

巨匠・小津安二郎の「東京物語」のモチーフを現代に置き換えての物語。

東日本震災で中断されていたというが、そのことをちょこっと取り入れた場面もあり

人の世の理不尽さも改めて思わせられる。

あの!原節子の役 戦死した次男の嫁 ではないが、フリーターもどきの次男の恋人としての

蒼井優がどうかな?と 気になっていたがヨ・カッ・タ。今どきの娘としてはとても感じがよい。

そして どの場面も身につまされる。 ナットクである。


お隣の女性二人がいちいち 「あらそれはないわ」とか「ツメタイ・・」とか

あれこれおしゃべりする声が煩かったが、それもやがて涙・涙で小さくなっていた。

もちろん私も すっかり、涙腺大掃除状態 であった。

でもいいよなぁ、あんな死に方は理想だよなぁと 母とみ子さんの急死が羨ましいところ。

68歳という設定だが それならもう十分その資格?はある私だもん といいつつ

帰りの雪道は しっかり用心して歩いた。


久しぶりに心にしみる映画を見たというのが感想。

役者さんのそれぞれの演技もう~むと感心したし 切なかった。

さすが山田監督が小津安二郎に捧げる 監督50周年記念作品だと オススメ である。

[PR]
by reiko6666 | 2013-01-19 18:14

いよいよ始動?

b0197031_19403868.jpg


1月11日。


連続の真冬日で すっかり カタマッチャッタ? 日々。

でも今日は 違ったぞ~~!

劇団四季北海道公演の ミュージカル「マンマ・ミーア!」を観にいったのだ。

まぁなんてったって パワー全開というか跳ね回る群舞  しかも 華麗!

素晴らしい歌唱に すっかり気分がよくなって帰宅した。

実は お正月に…と思ったのだが、時すでに遅し! 松の内は≪満席≫だった。

ムカシ博多で ≪ライオンキング≫をみて いたく感激した記憶がある。

そして≪ジーザス・クライスト≫もみた。 どこで?・・・?

札幌に 劇団四季専用劇場 ができたと聞いて 早速会員登録をしかかったのだが

何の理由だか思い出せないまま放置状態で、あっという間に月日が流れた。

今回は同じように野次馬さんのKちゃんと 偶然 映画館で出逢って それが暮れの29日。

私「レ・ミゼラブル」を。 彼女は≪北のカナリア≫を。

そこでの話で

「私 まだその劇団四季劇場に行ってないんだけど・・・行ってみたい」 とつぶやいたら

「行きましょ・行きましょ」 ということになった。

その日に二人してコンビニに行き チケット・ゲット! ってわけ。

お待ちかねの今日はワクワク。 

寒かったけど 本当に楽しい午後の時間を過ごせた。 (なんじゃぁ 近いじゃん)

つぎの「美女と野獣」も暖かくなったら行こうね・・・ということに。

テレビで 劇団四季の ≪赤毛のアン≫ をついこの間観たばかり。

アン役の岡本瑞恵さんが 今日もソフィ役で大活躍。 うまいなぁ・・・

その母親のドナ・その友人二人の 三人熟女の踊り・歌も素敵だったし 若者の

はち切れそうな動きも眩しかった。

ABBA の名曲が いっぱい!

衣装もきれい。舞台もおしゃれ、 素早い転換で息をのむ。

ああやっぱ ナマ はいいな。 

カーテンコールはスタンディングオベーションで 何度も何度もわきあがった。

すっかりミーハーである。

なんか 血の巡りがよくなった感じ・・・?


さぁ今年もガンバロー と カレンダーをアチコチめくっているわたしである。

[PR]
by reiko6666 | 2013-01-11 19:53

また一歩!

b0197031_818949.jpg



  ゆったりと 歩いて行こうと思います。

  蛇行運転? です。

 

[PR]
by reiko6666 | 2013-01-01 08:22

日々の想いを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31