<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

来札ならず・・・

3月27日。

今日は 久しぶりに明るい日である。

でも国難?解決の方向は見えないし 新たな問題も出てきて気は晴れない。

昨日のこと。

朝 電車の中で ≪もしかしたら?≫ と 頭をよぎった思いが不幸にして的中した。

「四季の茶花教室」の先生は東京在で、その日一番のフライトで来札されるのがならい。

今日は震災の影響でこられなくなったとのこと、ああやっぱり・・・である。

そしていつも サブとしてなにかとお世話をしてくださる方が

代役を引き受けられるという…

その〇〇先生も冷や汗もの! 突然のこととてたいへんだったが、面白い講義はなく

私はちょっとさびしかった。 

それで ほとんどが実技指導となった。


雲竜柳と椿、それに初めて知った 山茱萸 (さんしゅゆ)。

b0197031_15355185.jpg


別名(春黄金花(はるこがねばな) この名のほうが可愛いしおぼえやすい、おっと!

いやいや きっと来年には(え~と・え~と むむ・・・ )だろうな。

とにもかくにも 雲竜柳はくねくねとしているし、山茱萸は ぼそっと突っ立つてる感じだし

唯一 椿は(一花三葉)のきまりにかなったものがあって ほっ。

それを頼りにあれこれ弄繰り回してなんとか・・・

b0197031_15362766.jpg


でもやっぱりちがうんだな  ご指導の先生もいろいろで「わたしならこうする」と

遠慮がちにおっしゃる。

なるほど、これが個性か?面白いし難しいところである。

いつもは終わりの12時になるのがめっぽう早いのに、今日はやっと…という感じだった。



いつのまにか 講座出席が3年も続いていた。

自分でもびっくりだ。 

一向にさえない私だが なんとなく茶の世界のお話も離れがたい。

帰りに 来期の申し込み手続きをして  よっしゃもう少し頑張ってみよう・・・ということに。

[PR]
by reiko6666 | 2011-03-27 15:48

3月22日。

昨夜の雪は 朝の光で解けていた。

震災から10日あまり。

次々と問題は起こってきて 本当に心の休まる暇はない。

でも 当初のショック・不安・苛立ちから 自分のできることはなに? と思うとき

諦めにも似た思いも混ざってきて だんだんしょんぼりとなっていた。

これはよくない、せめて 何とか元気にならねばと自分を奮い立たせている。

そんな折、娘たちの フラメンコ・ステージを見に行く日がやってきた。

何ヶ月も前から練習に励んでいる様子をみてきただけに 今回の公演は期待と心配が混ざっていた。

3月に入ってからは連日のように「合わせ」にはいっていたようだし・・・

孫娘はインフルエンザにかかるし(私は老人なので近寄れず)はらはらした。

b0197031_10363729.jpg


でも昨夜 無事終わった。

あっという間の2時間だった。

コーラスのお友達も来てくださって わがことのようにドキドキしたが 

パワーをもらったといっていただき ほっとする。

リハやゲネプロ そして当日は 東京からの プロのギタリスト・カンテオーラ(歌手)が

出演されたが それまでの練習で、踊りに合わせて歌うのは彼女の役目だったとか。

( 影武者?とはいえいいお勉強をさせていただいた…と言っていた)

ともあれ ステージでも 張り切って歌っていたし 満足だったと思う。


ギター・カホン・歌と踊りが一体になって作り上げるステージは 照明の美しさも

一段と効果的で とっても感動的であった。


何事にも夢中になれるのは幸せだと改めて思う、そして私もまだまだ・・・と武者震い? ・・!

[PR]
by reiko6666 | 2011-03-22 10:44

3・11

3月13日。


なんとも気が重い。


胸の中が鉛色になって 肩が凝って、何も手につかない。



あの日、そう3月11日、金曜日のことだった。午後2時半すぎて

歯医者に行くので 部屋を出ようとしたら 前の部屋から男の人が 「今! 揺れましたよネッ」

と叫んで飛び出してきた。 

その時はそうかも?あ、そうだ ぐらいだったが、 歯医者の椅子に座って2度、

グラグラっと来て スッゴク怖い思いをした。

周りに人がいてくれてほんとうによかった。

でもマサカ!こんなことが起きただなんて予想だにしなかった。

大阪のイトコから 「大丈夫か?」と電話があり「おおきいぞ!」と言って切れた。

その後接骨院に行き 帰宅してからテレビを初めてつけた。

「・・・・!」 もうそのあとは金縛りにあったみたいに 固まってしまった。

11日の夜も眠ったような眠ってないような  変な一晩だった。

そして翌日のニュースでさらなる被害の様子が! 

どこのチャンネルを回しても巨大地震のようすが・・・それもずんずん酷くなっていくではないか。

自分はのほほんと椅子に腰かけているのに、頭のほうは朦朧?となってきた。

なんにもしないまま 12日 一日中 ぼうっとしていた。

過去の災害を思い出してしまう。

九州は台風や大水の恐怖は多かったが、このような津波の様子は初めてだ。

仙台空港の滑走路を ぐわぁっと蠢きながら侵していく怪物の手のような津波の映像に

胸が悪くなった。

そして今 追い打ちをかけて 福島原発の爆発 被曝の恐怖である。

時間を追うごとに深刻になってきている。

アメリカの息子から携帯に電話が入った。「大丈夫か?」と。

九州の友人からも・・・ 固定電話はつながらないようだ。

横浜の友人の様子はまだわからない。

あちこちで大変な被害にあったという声が聞こえ始めた。

救援募金のふくろも配られたし・・・ ささやかな気持ちを入れた。


今日は街行く人もしめやかで いつもの日曜のにぎにぎしさはなかった。

地下鉄もすいていて言葉もほとんどない。

でも、何とか気分転換をせねばと 思い切って 予定より早めだが美容院に行った。

がらんどう! 3人のお客。 スタッフとの笑い声も聞かれなかった。

そのうち私一人になってしまう時もあって ますますさびしい。

日暮れに帰宅。

ずう~っとインターネットはつながらず 諦めていたのだが、やっとブログも開けた。


重い気持ちのまま指を動かす。

平成23年3月11日 東北関東大震災発生  地震規模M9・0 

津波警報は 北から南まで 日本中に発せられた。こんなことも初めてだろう。



そういえば、思い出す。

あの阪神淡路大震災の後 偶然見つけた アサヒグラフの川柳欄でみた
 
忘れられない句?

      「平成七年一月十七日 裂ける」(時実新子)

(この時以来 私は時実新子さんに惹かれ 著書をずいぶん読み漁ったっけ・・・)

今回の東日本の巨大地震を なんといえばよいのだろう!

いまや日本中の災害である。これからどうなっていくのだろう・・・

また余震の報告が流れている。


ああ今夜も 良い眠りにはなりそうもない。

[PR]
by reiko6666 | 2011-03-13 22:38

絵画展

b0197031_20275943.jpg

             写真はクリックで拡大でき また画面上のクリックで元に戻ります。

3月1日。

弥生・三月の声をきいたのに、今日の冷たい風はなんということか!

でも、 珈琲館で心温まる午後のひとときを過ごすことができた。

コーラスのお仲間の Y子さんの絵画展初日、応援という名のおしゃべり会?にもなったし・・・

23点の油絵は らしいね…と感じられる優しい色使いや 可愛い雰囲気の絵が多く

拝見していてとても気持ちよかった。

まったくの自己流だとおっしゃるけれど、こころのままに絵筆をとって

ある時は夜更けまで 夢中だったとのこと。

2年間の力作がずらり並んでいた。

b0197031_20285093.jpg


b0197031_20293827.jpg


ちょっと不自由なお手ながら こんなに思いが表現できることに 感動する。

アートはなんて勇気を生み出してくれるものなんだろう!

その陰には お嬢さんのAちゃんの 大きな支えがある。

コーラスの発表会の時もいつも寄り添って 私たちともすっかり顔なじみになっている。

それに Y子さんの母上のお心尽くし 素敵なお花がまたたっぷり飾られていて、

母娘の紡ぎだす春らしい空間に すっかり癒されてしまった。


コーヒーの香りに包まれた 贅沢な3時間。

帰り道も寒かったけれど、なんだか元気をいただいた気がする。

ありがとうね Y子さんそしてAちゃん  ステージもまたよろしくね。


 

[PR]
by reiko6666 | 2011-03-01 20:37

日々の想いを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31